男心と秋の空、女心と冬の風

飽きっぽい大学生の気ままblog
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
じーだぶりゅー
お久しぶりです。
続きを読む >>
にっき | 02:57 | comments(7) | trackbacks(148) |
「僕のニューヨークライフ」at恵比寿ガーデンシネマ
丁度二週間前に観た映画。アップが遅れたのは、先週はスノボや学会発表があったりしてなんか忙しくて・・・
そう、この日は何観るか迷ったんですが、みなっちと久々遊んだ!
また来っちゃったぜ〜ガーデンプレイス。

nylife

「僕のニューヨークライフ」
ウディアレンによる、NY、恋、憂鬱のお馴染みのモチーフで、“Anything else”という原題のラブコメディ。第60回ヴェネチア国際映画祭オープニング作品。アレンは現在製作の拠点をロンドンに移し、これが最後のニューヨーク作品になるかもしれないらしい。
主演のジェイソン・ビッグス演じる悩める若手コメディ作家と、その気まぐれな彼女にクリスティーナ・リッチ。そして主人公に相談にのるクレイジーな先輩作家としてアレン自身も登場。おじいちゃんだ!
人生の岐路に立たされた優柔不断な主人公が、周りに翻弄されつつも決断を下すが・・・
結局“人生はそんなもんさ”っていうことらしい。
マシンガントークなので、観た後はなんか疲れたよ 笑
舞台となっているNYの街並みや公園の景色は綺麗だしや、音楽はお洒落。クリスティーナリッチはセクスィー!

優柔不断度 ★★★★
変人度     ★★★★
俺的評価   ★★★
オススメ度  ★★★
しねま | 01:55 | comments(3) | trackbacks(2) |
「好きだ、」at渋谷アミューズCQN
先日、久々に観た映画。そのストレートなタイトルと絶妙なキャスティングに惹かれて、公開を楽しみにしていた作品。

sukida

「好きだ、」
主演は宮崎あおい×瑛太、永作博美×西島秀俊。好きだ、その一言を言うのに17年かかった二人の話。秋田県大館市と東京が舞台。音楽は菅野よう子。監督は「tokyo.sora」の石川寛。

言いたくても言えない気持ち。純粋で、でも不器用だったあの頃。その時の空気、背景まで見事に切り取った音と映像のおかげで、観ている僕らもリアルにその感覚を味わうことが出来る。びっくりしたのは宮崎あおいから○○しちゃうこと。
そして17年後。大人になった二人は偶然出会う。社会に出ると思い通りにならない現実。葛藤。
昔一緒に歩いた川沿いの一本道。また二人で並んで歩く日は来るのか。

会話自体は少ないが、息遣いまでも伝わるほどリアルで新鮮な映画だった。テーマとなるギターのメロディーも穏やかなのに、ぐっとくる。
半ば、宮崎あおいのために作られたのかと思うほど、彼女の魅力が満載。西島秀俊もいい歳の取り方をしてるな。こんなお兄さんを目指したいね〜。

宮崎あおい度★★★★★
リアルさ    ★★★★
俺的評価   ★★★★
オススメ度  ★★★★
しねま | 16:18 | comments(4) | trackbacks(2) |
「Cafe Madu」in渋谷
昨日の話。久々に映画館で映画を観る約束。
4年間ともに過ごしたバイト仲間のムーミンと。

珍しく向こうから「何食べたい?」と聞いてきたよ。
気がきかないタイプだったこいつも成長するもんですな。
こんなこと言ったら反感買うか 笑

「Cafe Madu」
渋谷のファイヤー通りを曲がった坂の途中にあるカフェ。フレンチレストランのような雰囲気。通り沿いがオープンカフェなのかな、喫煙席。一人でも来れそうな感じ。
奥の席へ。

madu

ムーミンはお昼を食べたようだから俺だけ遅いランチを。
ランチメニューのうちの肉料理。鶏肉のソテー。
パンとスープ、コーヒー付き。がっつり食べたな。
ムーミンはチャイを頼んだ。チャイをくだちゃいって!

雰囲気   ★★★★☆    
居心地    ★★★   
味       ★★★ 
メニュー   ★★★
続きを読む >>
かふぇ | 01:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
「博多一風堂」in駒沢
行ってきました。有名店だね、これは。
駒沢公園沿いにたくさんの車が停まっていたから、なかなか駐車スペースを見つけるのがむつかしかった。店に入るのにもほんのしばらく並んだ。

赤丸の半熟煮卵入りにしたぜー。

akamaru

奥行きのある程よい濃さの豚骨スープ。
麺が細い!もちろん替え玉を頼んだ。
脂身でトロけるようなチャーシュー。
赤い黄身の半熟卵。
美味しかったっす☆
続きを読む >>
らーめん | 15:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
「素晴らしい世界 2巻」
2006年初投稿。今年もよろしくーってことで。
最近は卒研で忙しいっす・・・

そんな中読んだ漫画。
「素晴らしい世界 2巻」 浅野いにお

素晴らしい世界

基本的にひとつの話は独立だけど、世界や登場人物が微妙に関連しあってる数珠つなぎの短編集。
若い俺らだっていろいろ悩みをかかえてて、でも頑張って生きようとしてるんだ!前に進まなきゃって気持ちになる。
全体的にリアルな感情が描かれて共感しやすいけど、後半は少女の死神や謎の流行病が出てきてファンタジックな展開。ラストがちと微妙、、
でも浅野いにおの絵は好き。
えとせとら | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ある子供」at恵比寿ガーデンシネマ
ある子供恵比寿で映画を観るのは初めてだ。ガーデンプレイスの中にある、落ち着いた感じの映画館。椅子もふかふかなソファー。ちょっと贅沢な気分〜♪
関係ないけど、今日は寒かった!


「ある子供」
フランス=ベルギー合作。監督はダルデンヌ兄弟。「ロゼッタ」に続き、二度目のカンヌ映画祭パルムドール(最高賞)受賞作品。
精錬された映画だった。
現代の若者における問題を象徴しているようなリアルな一作。
その日暮しの生活を送る20歳の青年ブリュノ。18歳の恋人ソニアとの間との間に赤ん坊が生まれても全く自覚がなく、挙げ句の果てに・・・。
定職に就かず盗みを働くけど、仲間への分け前はごまかさずにきっちり払うし、通すべき筋は通す、根はいい奴。なんだけど・・・まるで子供のような、どうしようもない大人。物語が進むにつれて、今までなんとかバランスを保っていたものが音を立てて崩れていく。緩やかだが緊張感のある展開。
ラストの数分間が救いだ。余韻を残す寡黙なエンドロール。
連れの子も珍しく寝なかった 笑 これはオススメな映画。

ハラハラ    ★★★★☆
ダメ男度    ★★★★★
俺的評価   ★★★★★
オススメ度  ★★★★
続きを読む >>
しねま | 02:59 | comments(2) | trackbacks(12) |
「eau cafe」in代官山
ガトーショコラ恵比寿で映画のチケットを買って、空いた時間に代官山まで散歩&カフェ。
意外と時間がなかったからもうちょっと近場でも良かったかも・・・


「eau cafe」
代官山の裏通り、キャッスルストリート沿いの踏み切り近くのビルの三階にあるカフェ。eauとはフランス語で“水”という意味らしい。
店内はウッディで温かみのある雰囲気。大きな窓(テラス?)から代官山アドレスや通りが眺められる。
ケーキを食べた。種類がいっぱいあるなぁ。えーと本日のケーキは・・・
連れの子が頼んだのはブルーベリーのタルト。とホットチョコレート。俺はガトーショコラのアイスクリーム添えと、カフェラテのココナッツシロップ。
あ、アイスが溶けてる溶けてる!

雰囲気   ★★★★☆    
居心地    ★★★★   
味       ★★★?  (飯はまた今度) 
メニュー   ★★★★?
続きを読む >>
かふぇ | 02:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
結婚ししょう
わかりにくいギャグ・・・

ねむいねむい。すごーいねむい。うつらうつら。。

えーと今日は先輩の結婚式。の二次会でした。
銀座オルゴールで。思ってたよりこじんまりとした感じ。
でも人でいっぱいだった。これも先輩の人徳なんだろうなぁ。

その先輩はどんな人かというと、昔俺が一年生の夏から二年生の夏前までやっていたクラシックギター部の部長で、しっかり芯の通った人。
悩みも聞いてくれて気前も良くて面倒見も良くて本当すごい優しい人。
そしてギターの師匠でした。

そんな感じで、俺の中で頼りがいがあって男勝りなイメージだったんだけど、今日見た姿はすっかり女だった。
女の人って好きな男の前ではあんな風になるのかなぁ。
お幸せに☆

ギター部の皆さんは特にお変わりないようでした。俺の姉弟子まっきー以外皆先輩だった。
っていうか俺、年上のおねーさん方に囲まれてたよ。ドキドキ
同じテーブルの前に座った牧瀬里穂似は写真屋のバイトつながりらしく、隣のお姉さんは寮時代の友達で現在web design系の有限会社の社長をやっているらしかった。うわっ女社長だーって感じ。俺と二個しか歳違わないのに。あわてて料理をお皿に盛って差し上げる俺 笑

銀座店

あとユニクロ銀座店にも行ってきたよ。一応俺、ユニクロアルバイターなんで。
今年の10月7日にオープンした、ユニクロの旗艦店。
POPが茶色くて渋かった。ELも従来のようなキンキン冷たい金属感のあるものでなく、白い木材を使ったちょいマットな質感。
でもまーふつーの店と基本的にあんま変わらん感じかな 笑
にっき | 23:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
「さよならみどりちゃん」
みどりちゃん先々月買った漫画。
南Q太「さよならみどりちゃん」(祥伝社刊)

淡々と描かれる、切ない恋愛。
好きな男に振り回される女の子。本気で好きな気持ちを伝えたら、関係が壊れてしまう。そんな駄目男の言いなりなっちゃダメだろ!と思いつつ、その男が醸し出す魅力は尊敬に値する。女の子を虜にする魅力があるってことだから。
有り得ないと思うかもしれないけど、実際こういう関係は世の中にありふれている気もする。そんな関係を絶ち切るのは当人にとっては難しい。人を好きになる気持ちっていうのは恐ろしい。
「3年B組金八先生」の乙女ちゃん・星野真里が脱いだ映画の原作。今年公開してたんだけど、見損ねちゃった。
えとせとら | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |



BLOG RANKING
CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
ZAZEN BOYSII
ZAZEN BOYSII (JUGEMレビュー »)
向井秀徳
向井は天才。
K.AND HIS BIKE
K.AND HIS BIKE (JUGEMレビュー »)
the band apart
かっこいい。
恋の門 監督ちゃんコレクターズ・エディション
恋の門 監督ちゃんコレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)

ぶっとんでる。キスしたくなる。酒井若菜に一票。
珈琲時光
珈琲時光 (JUGEMレビュー »)
一青窈
ダラダラ眠くなる。でもわかる人にはわかる。
茶の味 グッドテイスト・エディション [DVD]
茶の味 グッドテイスト・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

結構笑える。浅野の演技が素?!土屋アンナが女子高生。
PROFILE
OTHERS